ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッドの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド
期間:10/22〜10/25 場所:シャーウッド(カリフォルニア州)

クラブのシャフトが真っ二つ 怒って折ったマキロイの弁

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド 2日目(23日)◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073yd(パー72)

大会初日、最終18番の残り140ydの3打目はグリーン右手前のラフに落ちた。表情を凍らせたロリー・マキロイ(北アイルランド)は握ったウェッジを足元に押し付けると、グニャリと曲がったシャフトを両手で真っ二つに。胸筋を張り、怒りをあらわにして歩き出した。

<< 下に続く >>

「右へのショットミスがとにかく多くて。20yd左に飛んでいたら、あのクラブは折らずに今もバッグに入っていたはず。でも仮に6フィート(約1.8m)についていたとしても、右だったらクラブを壊していた」。7バーディを奪いながら、4ボギー2ダブルボギーをたたいて「73」。1オーバー64位タイの出遅れは、思い通りにいかないショットが原因だったという。

一夜明けたこの日は8バーディで、ボギーを3つに抑えて「67」で回り、4アンダー57位タイに順位を上げた。「最初の2日で15バーディ。いつもならリーダーボードの上位にいるはずなんだけど。ミスが多すぎるよ。先週(ザ・CJカップ)もウィングドフット(9月の全米オープン)も同じ」とナイスショットを随所で打っても、出入りが激しく、波に乗り切れないプレーが続いている。

元世界ランキング1位の人気者の行為は話題になり、トップに立つジャスティン・トーマスはこの日、報道陣から試合中にクラブを折った経験があるかと問われ、前月の「全米オープンの日曜日に」と答えた。「スコア提出所で、ひざで(ウェッジを)折った。イライラが晴れた? そうだね、100%。ホントはグリーンでやりたかったけど、思いとどまった」。たまったフラストレーションを吐き出す“カタルシス”のような術として「クラブを壊すことで誰もがスッキリするとは思う」とフォローした。

そして、当のマキロイ。「そういうところもちょっとあるかも。まあ、(今回が)初めて折ったクラブではないし…、そうなる最後のクラブでもないだろう」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!