ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

肉体改造後のメジャーで初のトップ5入り デシャンボー「誇りが持てる」

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(9日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

肉体改造で注目を集めるブライソン・デシャンボーが首位と3打差の7位から出て6バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、通算10アンダー4位に入った。「やっとメジャーでトップ10に、トップ5に入ることができたよ。次のステップは勝つことだね」と、今季唯一のメジャーで念願のトップ5入りに及第点をつけた。

<< 下に続く >>

メジャーに初挑戦したのはアマチュア時代の2015年「全米オープン」。予選ラウンドは2日ともオーバーパーをたたき、決勝ラウンドに進めなかった。その後も挑んできたメジャーは最高がプロ転向を果たした16年の「全米オープン」(オークモントCC/ペンシルベニア州)での15位タイ。15回目の出場で「 (今回は)自分でうまく対処することができた。自分のやり方に誇りが持てる」と新スタイルの確立で殻を破った。

3日目の最終18番で自己最高となる95フィート5インチ(約29m)のバーディパットを決めて話題をさらって迎えた最終日。12人の選手がトップと3打差と熾烈な優勝争いを繰り広げ、「緊張した」とデシャンボー。この日の最終18番は2打目でピン手前16mに残すなど、「アイアンとウェッジをもう少し磨く必要がある」と課題を明確にした。一方で注目となるドライバーショットには「もっと強くなるし、遠くに行くようになる。コースに依存しているのは明らかだけど、そのうち有利になること願う」と話した。

今大会を制したコリン・モリカワについて「彼は信じられないくらい偉大なボールストライカー。彼のプレーを見ているととてもよく成長してタイトル争いをしている。うらやましいし、いつか(彼のようなボールストライカーに)そうなれたらいいな」と勝者を称えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!