ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

お尻のけいれんで3度のケア ケプカ「心配ない」

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 2日目(7日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

大会3連覇がかかるブルックス・ケプカは4バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算6アンダー2位で決勝へ駒を進めた。

<< 下に続く >>

この日のラウンド中、芝生の上に仰向けになるなどして3回にわたってトレーナーから施術を受けた。2019年秋に痛めた左ひざの症状が悪化したのかと周囲をやきもきさせたが、「腰だよ。ひざは関係ない。ひざはいい感じ」と否定。後半12番のティショットを終えた後に違和感を抱いたといい、「お尻がロックされているような感じで、けいれんを起こして何もできなかった」と説明した。

「16番で(トレーナーが)何をしているのか分からなかったが、元に戻った感じがした」と事なきを得た。起床時から腰は張っていたというが、「いつも張っているけど、こんなに張っていたことはなかった。でもこれ以上問題にならないと思うし、心配はしてないよ」と懸念の払しょくに努めた。

首位と2打差の好位置に「かなり満足しているよ。グリーンがすごくいい。(今日は)良いパットがたくさんあったけど、入らなかったよ。入っていたら多分10アンダーぐらいになっていたかもしれない」。週末へみなぎる自信を漂わせた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!