ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 RBCヘリテージ
期間:06/18〜06/21 場所:ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

マキロイが評するナンバーワンの飛ばし屋は

◇米国男子◇RBCヘリテージ 事前情報(17日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

ロリー・マキロイ(北アイルランド)はその瞬間、自分のキャディと思わず目を見合わせた。「マジかよ。信じられねえ」。前週の「チャールズ・シュワブチャレンジ」最終日、圧倒されたのは同組でプレーしたブライソン・デシャンボーの1Wショット。「風が吹いた11番ホールで僕は315、320ydくらいのナイスショットを打ったんだ。でもアイツに40ydの差をつけられた。370、375ydは飛ばしていた」

<< 下に続く >>

シーズン再開第2戦を控えても、デシャンボーのパンプアップした姿、その体から繰り出されるロングドライブが話題だ。中断中に体重を9kg増量、ヘッドスピードを上げることに成功し、前週4日間のドライビングディスタンスは全体1位の平均340.3ydを記録した。

ウェブ・シンプソン曰く、「去年の(12月)ヒーローワールドチャレンジのときにはすでに大きく、よく飛ぶようになっていた」という。「コロナでさらにデカくなる時間ができたんだろう。先週、別人みたいに見えたから彼の肩に手を置いてみたよ」と中断明けの驚きを語った。

デシャンボーは今季の飛距離部門で全体トップを走る(323.8yd)。ただし、同3位のマキロイ(319.2yd)に言わせれば、ナンバーワンの飛ばし屋とはまだ断言できないらしい。その座について「僕はまだキャメロン・チャンプだと思うな」と25歳の名を挙げた。チャンプの平均飛距離はここまで320.8ydで同部門2位。「彼の方がよりスムーズなスピードがあるみたい。ブライソンほど(飛距離向上への)力を注いでいないようだけど。それでも、(デシャンボーは)そこに近づきつつあるね」と私見を語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 RBCヘリテージ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!