ニュース

米国男子チャールズ・シュワブチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

9㎏増量のデシャンボー 345ydで飛距離1位

◇米国男子◇チャールズ・シュワブチャレンジ 初日(11日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

3カ月ぶりの再開初戦でブライソン・デシャンボーが6バーディ、1ボギーの「65」をマークし、5アンダー2打差7位と上々のスタートを決めた。もっとも、好発進以上に注目されたのが明らかに厚みを増したそのボディ。「20ポンド(約9㎏)くらい体重を増やしたかな」。現在は240ポンド(約108㎏、身長185cm)というパンプアップした肉体に満足げだった。

<< 下に続く >>

「もっと遠くに打つためではなく、ボールスピードを上げるために多くのスピードトレーニングを行った」と真意を説明。そのボールスピードについて、「特定のホールで時速193マイル(86.26m/s)と195マイル(87.15m/s)に達していたよ。(コンパクトなつくりの)このコースでは、11番と1番と2番くらいでしか(ドライバーは)使えないんだけど」と驚きの数値も明かした。

今季321.3ydでドライビングディスタンス1位に立つデシャンボー。この日も345.5ydでトップだった。

同組のジャスティン・ローズ(イングランド)も「僕も小さくない(身長187㎝、体重88㎏)つもりだが、ダスティン(ジョンソン)とも一緒の組だったから、今日のコースの中では小さいと感じたね。1番でかなりいいドライバーショットを打ってキャリーで300yd飛んだけど、ブライソンとは40ydくらい差があった。ダスティンが僕らの間くらい。トレーニングで巨大になって、明らかにスピードが上がっている」と証言した。

中断期間中にはルール適合ギリギリとなるシャフト48インチの1Wをテストする様子をネット配信していた自称「ゴルフ科学者」。旺盛な探究心は、自らの体にも向けられている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!