ニュース

米国男子チューリッヒクラシック(中止)の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 チューリッヒクラシック(中止)
期間:04/23〜04/26 場所:TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

PGAツアーが松山のダブルス戦ペアに推薦!? ツアーNO.1のパットの名手とは

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断しているPGAツアーでは、今週ツアー唯一のダブルス戦「チューリッヒクラシック」が行われるはずだった。6月第2週から再開を目指す新たなスケジュールには組み込まれず中止となったが、ツアー公式サイトでは独自に(勝手に?)ペアをつくって紹介。ファンの想像をかき立て、楽しませている。

タイガー・ウッズ&フィル・ミケルソンロリー・マキロイ(北アイルランド)&ブルックス・ケプカといった説明不要の王道路線が真っ先に挙がる中、日本のエース、松山英樹の名前もあった。興味深いのは、デニー・マッカーシーという相棒のチョイス。「ヒデキのアイアンの腕前は十分に証明されている。そこでマッカーシーの出番。現在PGAツアーで最高のパターの名手だ」と説明が添えられている。

松山は、上位常連となっているショットの貢献度を示す「ストロークゲインド・ティtoグリーン」で今季もティレル・ハットン(イングランド)、マキロイに次ぐ3位につける。一方のマッカーシーはストロークゲインド・パッティングで昨季1位。今季も15ラウンド以上プレーした選手ではトップの数値を記録している。

メリーランド州出身の27歳。高校時代はバスケットボールのポイントガードとしても活躍した。公立大の名門「パブリック・アイビー」の一角であるバージニア大で2度のオールアメリカンに選出。2010年にはジャスティン・トーマスジョーダン・スピースらと「ジュニアライダーカップ」を戦い、14年にはブライソン・デシャンボーらとともに「世界アマチュアチーム選手権」を制している。

15年にプロ転向。翌16年から参戦した下部ツアーでは18年に「ウェブドットコムツアー選手権」で優勝した。昨季初めてPGAツアーのシードを獲得し、今季は3度のトップ10入りなどフェデックスポイントランキング56位。再開後には、ツアー屈指と称されるマッカーシーのパッティングに注目してみるのも面白いかも?

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チューリッヒクラシック(中止)

  • 2020/04/23~2020/04/26
  • TPCルイジアナ(ルイジアナ州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!