ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/27〜03/01 場所:PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

“お金はもういらない”ケプカ 「プレミアリーグ」参加はフィールド次第?

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 3日目(29日)◇PGAナショナル・チャンピオンコース(フロリダ州)◇パー70(7125yd)

ブルックス・ケプカは26日(木)、2022年以降の発足を目指す「プレミアゴルフリーグ」に対して私見を述べた。将来的に参加について米国・欧州など既存ツアーとの選択を迫られる可能性があるなか、メジャー通算4勝のケプカは「ベストプレーヤーがいるところで僕はプレーする」と話した。

<< 下に続く >>

英国の「ワールドゴルフグループ」が主導するプロゴルフ競技構想は、米国・欧州など既存ツアーの一般的な大会における半分以下の出場選手に、1試合総額1000万ドル(約12億円)規模の賞金を争わせる考え。ケプカは「みんなに当てはまるかは分からないが、僕にとってはお金は関係ないし、重要でもない。僕は幸せになりたいが、お金が必ずしも自分を幸せにしてくれるわけではない」と金銭面の議論を疑問視した。

参加の可否については「僕はベストプレーヤーたちと争いたいだけ」と、他選手たちの動向をうかがうことになりそう。

今週の「ザ・ホンダクラシック」で予選落ちしたケプカはすでに、米ツアーの生涯獲得賞金だけで約3037万ドル(約33億5000万円)を稼いだ。「誰かがあした、2億ドルくれたとしてもぼくの人生はそう変わらない。そこから何が得られるというんだ。僕はもうたっぷり、今すぐに辞めてもいいくらいのお金はもらった。でも引退はしたくない。ただゴルフをしたいだけだ。お金を積まれても変わらない。たぶん飛行機を買うくらいだろう。でもそれだけ。人生が変わるようなことにはならないね」と態度を明かしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!