ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、“焦りと楽観のあいだ”のスコッツデール

2020/01/29 12:25


◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 事前(28日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7261yd(パー71)

雲ひとつない青空から、じりじりと太陽が照りつける。松山英樹が、過去2度の栄光を勝ち取ったスコッツデールに戻ってきた。月曜の27日は練習のみ、火曜日は昼からアウト9ホールをラウンドし、その後に打撃、アプローチ、パッティングとひと通り。名物16番ホールの巨大スタンドの向こうに陽が沈む頃、松山はようやく練習を切り上げた。

「きのうも練習場ではすごく仕上がったと思ったし、きょうのラウンドに行く前もそうだった。でも、コースに行って崩れるのは、まだまだ完成度が低いというか、やっていることがちょっと違うのかなって感じがする」。ハーフ9ホールのラウンドだったが、途中から1Wや3Wショットは左へと曲がりだした。「コースでは1球しかないと思って打っている。そこで、ぜんぜん違うスイングになるっていうのは問題だと思う」

スイングの試行錯誤が、あと少しのところまで近づいている手応えはあるという。ラウンド中は正面や後方から動画を撮影して、チェックすることも欠かさない。「なにかきっかけが見つかれば、すぐ良くなるっていう感じのズレだと思うので、そこまで心配していない。でも…」と松山はいう。「悪いのが続き過ぎているので、ちょっと心配な部分はありますね」と、揺れる胸中を打ち明けた。

過去21ラウンドで一度もオーバーパーを打っていないTPCスコッツデールだが、回りやすさはないという。「まあ…過去2回もあまり調子が良くなくて勝っているので、これくらいがちょうどいいのかなって感じながらも、焦りながらやっています」。調子がダイレクトに結果に結びつかないのが、ゴルフ競技の不思議なところ。松山の複雑な心境が伝わってきた。

予選ラウンドのペアリングは、ジャスティン・トーマスジョン・ラーム(スペイン)という注目組。「ふたりとも今年勝っているので、少し(スコアは)離されるかもしれないけど、“負けじ”とね。良い勝負ができるように、きょうとあすで調整したい」と、最後は強い気持ちを武器にして、スコッツデールに立ち向かう。(アリゾナ州スコッツデール/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。