ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

スロープレーを米男子ツアーが厳罰化 罰金は10倍

米国男子ツアー(PGA)は14日、4月「RBCヘリテージ」からスロープレー対策に向けた新規則を実施すると発表した。

同ツアーでは1ショットにかける時間は基本的に40秒以内で、これまでは同日に2回スロープレーを言い渡されると1罰打のペナルティが科されていた。新規則では同一大会で2回のスロープレーが言い渡されると、1罰打を科される。

また、ショット解析システム「ショットリンク」により各選手は直近10試合の1ショット平均所要時間が算出される。規定を超えていた場合は監視リストに掲載され、平均60秒以内で全ショット打つことが求められる。

シーズン2回目の罰打に科せられる罰金は、これまでの5000ドル(約55万円)から5万ドル(約550万円)に引き上げられた。

昨年8月「ザ・ノーザントラスト」ではブライソン・デシャンボーがグリーン上でのライン読みに2分以上かけるなど、スロープレーが問題となっていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。