ニュース

米国女子ANAインスピレーションの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ANAインスピレーション
期間:04/04〜04/07 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

2位発進のレキシー・トンプソン「メジャーでは我慢が必要」

◇米国女子メジャー◇ANAインスピレーション 初日(4日)◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6834yd(パー72)

今春、アメリカ西部の乾燥地帯に位置するランチョミラージュには、例年よりも多量の雨が降ったという。その影響でフェアウェイは軟らかくランが出にくい。ラフはより密集し、グリーンは硬いまま。距離自体も全体で71ydプラスされた。昨年初日にアンダーパーをマークした選手は55人いたが、今年はわずか28人に減ったことからも、その難易度の差がわかるだろう。

14年大会の優勝者で、初日を3アンダー2位としたレキシー・トンプソンは忍耐の重要さを強調する。「(忍耐は)どの試合でも必要だけど、特にメジャーでは大事になる。普通、メジャーはセッティングが厳しいので、ボギーを叩くことになる。だけど、バーディを獲れるホールもあるのだから、じっと我慢しなければいけない。いまやるべきことに集中して、自分のルーティンをこなして、ショットへの自信を持つこと」。

初日を首位と2打差の2アンダーで終えたリディア・コー(ニュージーランド)も、「耐えることが、とても重要になってくる。パーでホールを終えるのは、ぜんぜん悪いスコアじゃない」と口をそろえる。

ある意味、初日を1オーバーで終えた野村敏京も、同じ心境といえるだろう。「(優勝は)1日2アンダーでトータル8アンダーか、このコンディションなら8までいかないかもしれない。まだ3日あるし、トータル5、6アンダーならトップ5に楽に入ると思うし、たぶん、優勝争いもできるかも知れない」という。

技術だけでなく、精神力も試されるのがメジャー大会。多くの浮沈を乗り越えた先に、栄光のゴールが待っている。(カリフォルニア州ランチョミラージュ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ANAインスピレーション




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。