ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 キア・クラシック
期間:03/28〜03/31 場所:アビアラGC(カリフォルニア州)

メジャー前週の勝利に前進 畑岡奈紗は今季ベストの「64」

2019/03/31 11:18


◇米国女子◇キア・クラシック 3日目(30日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6558yd(パー72)

畑岡奈紗がムービングデーに今季ベストの8アンダー「64」で1打差2位に浮上した。首位は通算14アンダーの朴仁妃(韓国)。通算13アンダーとし、昨季以来となるツアー通算3勝目へ朴との最終組で最終ラウンドに突入する。

この2日間のグリーン上でのモヤモヤを鮮やかに一掃するラウンドだった。1番で1.2mを決めてバーディ発進。続く2番のバーディパットは下り約7m。「速いのはわかっていたけど、パットのフィーリングが良くなってきて、どこからでも狙いに行くような感じで打てていた」と、これを2mオーバーしてしまう。だが、返しを沈めて序盤の流れを切らさなかった。

8バーディを奪い、ボギーはゼロ。8番(パー5)4m、16番(パー4)6mとイーグルパットも2度打った。わずかに決まらなかったが、「昨日の後半からしっくりする握りを見つけた。どこの指に力を入れるかとか、微妙な力加減」というパッティングは好調だ。15番は左奥のファーストカットから30ydを2パットで切り抜けた。「転がした方がラインも出るし、距離感も出しやすい。パッティングが良くなってきているので、すぐにパターと決めました」

途中、リーダーボードを見たのは14番。「11アンダーが5、6人いたので、ここから抜け出さないといけないと思った」という言葉通り、その後の16番、18番でバーディを重ねた。最終18番は残り128ydを9Iで50センチにぴたりとつけて、ギャラリーの喝さいで締めくくった。

畑岡はこの日のラウンドを「100点です」と総評した。「でも、満点は130点だと思っているんですけどね(笑)」。まだ余力はあるということか。

昨年は2勝を挙げた。「去年勝っているのは大きい経験だと思う。緊張はすると思うけど、意外とプレーに入ってしまえば集中できると思う」。メジャー前週に、まずはひとつ腕試しだ。(カリフォルニア州カールスバッド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!