ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズに敗戦のマキロイは“無言” 帰路にSNSで陳謝

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 4日目(30日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

決勝トーナメント1回戦で敗れたロリー・マキロイ(北アイルランド)は、相手のタイガー・ウッズと健闘をたたえ合うと、無言でその場を後にした。コースから離れてしばらくし、報道陣の取材を拒否したことをSNSで陳謝した。

マキロイは注目のマッチで前半からウッズに主導権を握られ、10番で3パットボギーを喫して3ダウンと苦しんだ。1ダウンまで持ち直して迎えた16番(パー5)、フェアウェイの絶好のポジションからの第2打はグリーン右手前のラフに落ちた。打ち上げになった3打目をグリーン奥の茂みの近くまで打ち込み、アンプレヤブルとして2ダウンとなった。

1ホールを残して黒星を喫し、その場では報道陣の取材のリクエストに応じなかった。帰路と思われるオースティンの空港から自身のインスタグラムで「今朝のマッチが終わった後、メディア(対応)に時間を割かなかったことを謝りたい」とコメントした。

「残念なマッチの終わり方になってしまったけれど、バックナインでは我慢強さと粘りを見せられたと思う。ただ、16番では追いつけるチャンスを台無しにしてしまった。忘れることもできるが、勉強にしたいと思う」とゲームを振り返り、「タイガーには残り(のマッチ)もベストを尽くしてほしい。彼は15番、17番でマッチを終わらせるクラッチパットを決めていた」とウッズにエールを送った。

準々決勝を逃した8人の順位はすべて9位タイとなる。マキロイにとってはこれが今年に入って7試合目で最も悪い順位。「ザ・プレーヤーズ選手権」の優勝を含め、トップ10を一度も外すことなく2週後の「マスターズ」に臨み、悲願のキャリアグランドスラムにまい進する。「みんな、オーガスタで会おう」と締めくくった。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。