ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

ガルシアが手痛いミス OK前に10㎝のパットを外す

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 4日目(30日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

セルヒオ・ガルシア(スペイン)がわずか10㎝のパットを外す珍プレーが起こった。準々決勝のマット・クーチャー戦。1ダウンで迎えた7番(パー3)、2mのパーパットを外した直後に、パターのバックフェースでタップインさせようとした4打目が、カップに嫌われて入らなかった。このホールを落とし、最終的に2ダウンで敗れた。

マッチプレーであれば、外さないと思われるショートパットは多くのケースで相手にコンシード(OK)され、1打を加えてホールを終えることができたはず。ただ、ガルシアはクーチャーがコンシードする間もなく、軽率なストロークをしてボギーパットを外してしまった。クーチャーはすでにボギーと決まっていたため、リードを2アップに広げられた。

当初ガルシアはパーパットを外した時点でコンシードされたと考えていたが、グリーンサイドにいたクーチャーは当惑した。コンシードを認めたい意思はあったが、「セルジオ、(ボギーパットを打つ前に)僕は何も言っていないよ」と反応した。ゴルフ規則3.2b(2)では「コンシードは明確なやりとりがあった場合にのみ成立する」とある。「どう処理したらいいか分からなかった。(後から)大きな問題にしたくなかった」とし、競技委員を呼んで裁定を仰ぎ、結果的にこのホールを獲った。

■ ガルシアの仰天主張

その後のラウンド中、キャディを交えて議論するシーンがあった。ガルシアはクーチャーが次のホールをコンシードし、ボールを打つことなくスコアを戻す(クーチャーの1アップにする)ことを主張。しかしクーチャーは謝罪しながら、「そのやり方は好きじゃない」と提案を受け入れなかった。

マッチを終えたガルシアは「ただ僕がミスしただけだ。問題ない。一日を通してみれば、(いくつかの)ミスのひとつだ」と話した。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

【ゴルフ規則3.2】マッチプレー
3.2b コンシード(抜粋)
(1) プレーヤーはストローク、ホール、マッチをコンシードすることができる。
プレーヤーは相手の次のストローク、ホール、またはそのマッチをコンシードすることができる:
次のストロークのコンシード。相手が次のストロークを行う前であればいつでも認められる。

相手はコンシードされたストロークを含めたスコアでホールを終了したことになる。その球は誰が取り除いてもよい。

(2) コンシードを行う方法。コンシードは明確なやりとりがあった場合にのみ成立する:
・コンシードは言葉、またはストローク、ホール、マッチをコンシードするプレーヤーの意図を明らかに示す行為(例えば、身振り手振り)のいずれかで成立する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。