ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらが11位通過 来季米ツアー出場権を獲得!/米ファイナルQT

米国女子ツアーファイナルQTの最終ラウンドが7日(日)に行われ、9位タイからスタートした横峯さくらは2バーディ、5ボギーの「75」とスコアを落としながらも、通算5アンダー11位タイで上位フィニッシュ。来季フルシーズンの出場権が与えられる上位20人に入り、米ツアー参戦を現実のものとした。

横峯は前半アウトを2バーディ、2ボギーのイーブンでハーフターン。バックナインでは3ボギーを重ねる失速で上位20人のラインが徐々に背後に迫ったが、苦しみながらも圏内にとどまった。

なお、近年における日本人プレーヤーのファイナルQT上位通過者は以下の通り。
・2013年:野村敏京/19位タイ
・2012年:上原彩子/3位、有村智恵/5位タイ
・2008年:大山志保/4位タイ、宮里美香/11位
・2005年:宮里藍/1位、諸見里しのぶ/9位タイ

トップ通過は、ともに計90ホールを通算10アンダーで終えたミンジー・リー(オーストラリア)と、アマチュアのアリソン・リータイガー・ウッズの姪、シャイアン・ウッズは横峯と同じ11位とし、来季のフルシーズン出場権を獲得した。

これで、来季米ツアーでプレーする日本人プレーヤーは、宮里藍宮里美香有村智恵上原彩子野村敏京、横峯の6人に。来年1月28日(水)から始まる「コーツ選手権 by R+L Carriers」(フロリダ州)でシーズン開幕を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。