ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら、終盤ヒヤヒヤも上位突破 「1勝できるように」

2014/12/08 08:00


米国女子ツアーの来季出場権を争うファイナルQTの最終日が7日(日)、米国フロリダ州のLPGAインターナショナルで行われ、5日間90ホールに渡る全日程が終了。初挑戦の横峯さくらは通算5アンダーの11位タイで通過し、来季米ツアーのフルシーズン参戦を決めた。

「5日間すごく長かった。ギリギリではあったけれど、トップ20に入ることができて本当に良かったし、安心しました」。

4日目を終えて9位タイ。フル参戦が可能となる上位20人は安泰かと思われたが、強風の影響も受けて2バーディ、5ボギーと後退を強いられるラウンドになった。特に、前半をイーブンで折り返したバックナインは冷や汗もの。10番で3パットボギー、さらに13番もボギーとし、重い空気が横峯を包みはじめる。17番のティショットも左に曲げ、3オン2パットで再びのボギー。上位20人のラインは背後に迫り、最終18番をボギーとすればプレーオフを強いられる状況だったが、2オン2パットでパーに納めた。

かねてから海外への苦手意識を口にし、米ツアー挑戦を封印してきた横峯。今年になっての心変わりは、4月に結婚したメンタルトレーナー、森川陽太郎さんの存在があった。「主人と二人三脚で、というところが大きい。もっとゴルフに向き合いたいと思った」。森川さんは今週も横峯に帯同し、ロープの外から妻のプレーを見守り続けた。

来季の日米ツアーへの出場比率や、アメリカの拠点などは「これから主人と決めていきたい」と、未知の世界への備えはこれから。「1勝できるように頑張りたい」。米ツアーの目標だけは、迷うことなくハッキリと言葉にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。