ニュース

米国女子サムスンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 サムスンワールド選手権
期間:10/09〜10/12 場所:TPCウッドランド(テキサス州)

グスタフソン疑惑の14番「アドレスしたか否か」!?

米国女子ツアー「サムスンワールド選手権」の最終日。14番のグリーン上で疑惑のシーンが起きた。下りの長いバーディチャンスにつけたソフィー・グスタフソンがアドレスに入ろうとしたときに、何かを気にして一度退いた。その直後、ボールを真後ろから再度確認してスタンスに入ろうと一歩踏み出したときに、ボールが動いてしまう。傾斜がきつかったためか、ピンハイの傾斜下まで転がってしまった。ここで問題は、グスタフソンが最初のアドレスに入ろうと構えたときに、パターのソールが付いていたかどうか。ソールが地面に付いていようがいないが、アドレスをとったとは定められない。オフィシャルに対し、パターをソールしていないと応えたグスタフソンは、ペナルティを課せられることなくボールが移動した先からのバーディパット。これは入らなかったが、2パットのパーで首位タイをキープした。

この一件で、オフィシャルたちは本人の主張を尊重し、ペナルティを与えなかったが、試合中継していたNBCのコメンテーターたちは違う意見。テレビ中継の画面で見えた疑惑と本人の主張が真っ向からぶつかっている。中継ブース内で解説をしていたロジャー・マルビーに聞いた。

<< 下に続く >>

ロジャー・マルビー
「グスタフソンがパターをソールしたと思っています。中継カメラを通じてですが、はっきり見ました。しかし彼女が否定しているので、その主張を尊重したいと思いますが、中継のテープを確認する限り、あれはソールしています。でも真実を知る人はただ一人、グスタフソンがソールしていないと言って、オフィシャルが認めたわけですから、それで話は終わりですけどね」

NBCのスポーツ局エグゼクティブ・プロデューサーはNBCの中継が間違ったコメントをしたと批判されたことに対し、かなり過激な発言をしている。

トミー・ロイ
「問題はしっかりとした映像の証拠があるのにも関わらず、コミッショナーのガールフレンドが不正してもそのコミッショナーの下で働くオフィシャルたちが映像の証拠を無視したルーリングをしたということだ」

一方のグスタフソンは疑惑について、苛立ちを隠せないコメントを発表している。

ソフィー・グスタフソン
「自分の優勝がこのような疑惑に汚されていることを残念に思います。過去にこのような仕打ちを受けたことはありません。ゴルフには誇りを持ち、正しくプレーしてきました。もちろんテレビ中継は見ていません。しかし中継されていたNBCの方々が私が不正を行ったと断定したことには憤りを感じています。

あの時点で私は首位タイでした。しかしNBCのレポーターなどは私の組に同行していませんでした。もし現場にいてくれたなら、ボールがグリーン傾斜のどのような状態で止まっていたか、正しく伝えてくれたでしょう。ボールが動きそうだと分かっていたので、私はラインを見るためにカップの反対側まで歩きました。そのとき、ボールマーカーの後ろに念のためティも刺しました。私は風のきつい欧州でプレーしているので、動く可能性がある場合にソールしてはいけないことは良く知っていました。しかし念のためにティーを刺したことや、私がボールが動いてしまうことを心配していた様子などは放送されていません。ルールを知っていてソールするはずがないでしょう。

さらに、オフィシャルたちのルーリングに対して、失礼な発言までしてました。私の個人的な関係(コミッショナーの恋人)を考慮してオフィシャルたちが甘いルーリングをしたなどという発言は許せません。オフィシャルたちは全員プロですし、選手に対して、別の要因からルールを甘くしたり、厳しくしたりは絶対にしません。この一件でかなりの憤りを感じ、またNBCはオフィシャルたちに対しても謝罪すべきです」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 サムスンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!