ニュース

米国女子サムスンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 サムスンワールド選手権
期間:10/09〜10/12 TPCウッドランド(テキサス州)

グスタフソンが「64」の好スコアで上位陣をごぼう抜き

テキサス州ヒューストンのTPCウッドランドで開催されている米国女子ツアー第27戦『サムスンワールド選手権』最終日。欧州女子ツアーから参戦してきたS.グスタフソンが最終日に快進撃を見せ、上位陣を捉えた。

トップと5打差の5位でスタートしたグスタフソンは、出だしの1番ロングホールでバンカーから快心のチップインイーグル。これで勢いに乗り2、3番と連続バーディ。さらに5番から7番まで3連続バーディを奪う怒涛の勢いで通算13アンダーとし、一気にトップへ躍り出た。その後9番でダブルボギーを叩いてしまい、レイチェル・テスキに再び首位の座を明け渡すが、後半でスコアを3つ伸ばし、通算14アンダーで逆転優勝を飾った。

最終日、トップでスタートしたテスキは1番でバーディを奪うが、その後はスコアを伸ばせず我慢のゴルフ。後半に入ると12番、13番で連続バーディを奪って首位の座をキープするが、16番、17番で連続ボギーを叩き万事休す。通算12アンダーの2位でホールアウトした。

一方、アニカ・ソレンスタムは終盤までに4ストローク伸ばし、トップと1打差まで詰め寄るものの、17番で痛恨のダブルボギー。通算11アンダーの4位で競技を終えた。

そのほか日本ツアーの代表として出場した魏ユンジェは、通算14オーバー19位とこの大会で”雄叫び”を上げることは出来なかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 サムスンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。