ニュース

米国女子ウェグマンズLPGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ウェグマンズLPGA選手権
期間:06/07〜06/10 場所:ローキャストヒルCC(ニューヨーク州)

中井学のウェグマンズLPGA選手権レポート/2日目

2日目は午前中の早い時間に、特に強い風がコースを吹き荒れました。風向きも非常に読みづらく、タフなコンディション。その中で宮里美香選手が素晴らしいプレーを見せてくれました。

安定していたのはドライバーショット。他の選手に比べてセカンドショットをフェアウェイから打てる状況が多かったことで、良い流れを維持しました。13番のチップインバーディはこちら米国のテレビ放送でも何度も流れる、大会2日目のハイライトと言えます。

<< 下に続く >>

初日よりピンポジションも厳しい中、スピンコントロールもまずまず。縦の距離感が少しばらついているように見えましたが、それでもイーブンパーでラウンドできたことに価値があります。スピンが効いた強いボールを打てるのは美香選手の大きな武器。キレも戻ってきたので、決勝ラウンドでも期待できそうです。

一方、宮里藍選手はスコアを落として12位タイに後退しましたが、ラウンド後の言葉が実に印象的でした。「私は、風に影響されてドライバーショットを曲げてしまうことはほとんどありません。ドライバーが曲がるときはリズムが悪いときなんです。リズムが合っていたら、風があってもフェアウェイをヒットする自信があります」。3バーディ、5ボギーと出入りの激しい展開となりましたが、明日以降きっと修正してくることでしょう。

そしてトップに立ったのは朴セリ選手。肩の脱臼からのナイスカムバックには驚くばかりです。私も経験がありますが、肩の故障は想像以上に厄介なものなのです。

韓国ゴルフの礎を築いてきたプロですが、チェ・ナヨン選手ほか後輩たちに、とにかく慕われている姿に目を奪われます。若い頃に苦労をした結果からか、若手にどんどん手を差し伸べている。おごり高ぶることのない普段からの姿勢が、プレーにも好結果を及ぼしているのかもしれません。(ティーチングプロ/WOWOW解説)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ウェグマンズLPGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!