ニュース

米国女子ウェグマンズLPGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ウェグマンズLPGA選手権
期間:06/07〜06/10 ローキャストヒルCC(ニューヨーク州)

美香、後半怒涛のバーディラッシュで2位浮上

2012/06/09 09:27


「ウェグマンズLPGA選手権」2日目、上空にはきれいな青空が広がっているものの、朝からコースには強めの風が吹き抜ける。ただでさえ難しいフェアウェイキープ、そしてコース攻略を、この風がより一層厳しいものへと変貌させた。

通算2アンダーからスタートした宮里美香は、2番の第2打で「115ヤードのアゲンストだったから、120ヤード打つつもりで9Iのパンチショット」をしたものの、グリーンに届かず手前ラフへ。アプローチを寄せきれずにボギーとしてしまう。

風なのか、フィーリングなのか。得意のパンチショットがショート気味で、なかなか距離感を合わせられない。11番(パー5)もボギーとして、13番はティショットを右ラフへ入れ、続く2打目でフェアウェイへ運ぶのがやっと。しかし、残り29ヤードの3打目は、ピン奥の傾斜を利用しつつピンに寄せると、なんとそのままカップイン!この日初めてのバーディで息を吹き返した。

14番はボギーとするも、15番(パー3)ではピン下10mのバーディパットが最後の一転がりで入って、思わず両膝を折って安堵(あんど)の笑みをもらした宮里。16番、8Iで放った第2打は、ようやく本人も納得のいくショットでピンそば2mにつけ連続バーディ。終盤に盛り返し、この日は3バーディ3ボギーの「72」、通算2アンダーとスコアは変わらなかったものの、順位は2位タイへと浮上を果たした。

「今日は16番の2打目でようやく縦の距離感が合ったけど、明日は最初から合うようにしていけば、チャンスはあると思う。我慢しつつ最後まで耐えて、自分を褒めてあげたいです」。4日間のメジャー大会はようやく折り返し地点。「2日目はすごく大事だけど、明日が一番大事。いかに自分のゴルフをできるかがキーになってくる」と、宮里は静かに汗を拭った。(ニューヨーク州ロチェスター/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ウェグマンズLPGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。