ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

悲哀に満ちた2人のプレーヤー/クラフトナビスコチャンピオンシップ

2007/04/02 09:00


スーザン・ペターセンと同じ最終組で回っていた朴セリは、ラウンド序盤に、一時5アンダーまでスコアを伸ばし、2ストロークのリードを奪った。この時点で朴の優勝かと思われたが、その後、優勝争いから脱落。そしてトップに躍り出たペターセンは、14ホールを終えて6アンダーまでスコアを伸ばしたが、その後3ホールをボギー、ダブルボギー、ボギー。18番ではバーディパットをショートして、プレーオフに持ち込むことが出来なかった。

スーザン・ペターセン
「どうして、ああなってしまったのか分かりません。2位に終わってしまったのは悔しくて仕方がありません。先週自己ベストの2位に入って、自信を付けたところだったのですが、本当に残念です。先週は相手が良いプレーをして負けたという感じでしたが、今回は、本当に自滅です。15番のボギーと16番のダブルボギーの時点でもう終わったと思いました。トップは4アンダーだと思っていたのです。最終ホールに来て、バーディならプレーオフと分かったのですが、パットはライン通りに打てたのにショートでした。この経験から本当に多くの事を学びました」

記者
「前向きな姿勢は素晴らしいと思いますが、今日のラウンドのある時点で、優勝できると、結果を意識してしまったという事はありますか?」

スーザン・ペターセン
「今日はずっとスコアボードは見ていませんでした。でも、16番でダブルボギーを叩いたあと、もうだめなのか、まだチャンスがあるのか、自分の位置が知りたかったのでスコアボードをチェックしました。とにかく今日は全てのタイミングが悪かったです。スタートは2つボギーが来て出遅れましたが、その後、すぐに取り返しましたし、調子は決して悪くなかったのです。後悔しても仕方ありませんが、十分優勝のチャンスがあっただけに残念です」

朴セリ
「このコースの上り4、5ホールはとても難しいのですが、そこで4つもボギーを叩いていては、とても優勝なんて出来ませんね。こういうラウンドも、時にはあるでしょう。今日は全体的に見て、それ程悪い出来ではなかったのです。フェアウェイキープも、パーオン率もそれなりでしたし、パッティングもまあまあでした。でも終盤は、全くパットが決まりませんでしたね。ゴルフでは、こんな日もあるでしょう。それでもトップ10に入ったのですから、良しとしましょう」

記者
「今日のラウンドでトップに立ったときに、優勝を意識しましたか? 結果を考えてしまったのが良くなかったのでしょうか?」

朴セリ
「もちろん、優勝のチャンスがあるなとは思いましたが、それがマイナスに影響したとは思いません。1打1打に集中する事が出来ましたし、どうしても優勝するんだと、無理をして攻めたりという事もありません。良いプレーをしようと心がけたのですが、結果には繋がりませんでしたね。また来年頑張ります」

来年頑張ると言っていたのは、今回キャリア・グランドスラム達成がかかっていた朴セリ。一方、もしもスーザン・ペターセンが優勝していれば、LPGAツアーでは初めてのノルウェー人チャンピオンの誕生となっていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。