ニュース

米国女子トラストゴルフ スコットランド女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 トラストゴルフ スコットランド女子オープン
期間:07/28〜07/31 場所:ダンドナルドリンクス(スコットランド)

圧巻Vもアクション控えめ 古江彩佳が徹底した「気持ちをフラットに」

2022/08/01 07:43


◇米国女子◇トラストゴルフ スコットランド女子オープン 最終日(31日)◇ダンドナルドリンクス (スコットランド)◇6584yd(パー72)

15番で尾根越えの10mのバーディパットをねじ込み単独首位に立ったが、リアクションは歓声に小さく手を挙げて応えるのみ。ボギーなしの10バーディ、大会記録の「62」をたたき出しても、古江彩佳が大きく喜ぶ姿を見せたことは一度もなかった。

<< 下に続く >>

冷静さを保ちつつ、かといって気が張り詰めているわけでもない。「ハイテンションになるのは、あまり良くない。いつも気持ちをフラットに」と、アマチュアの頃から数えても、ガッツポーズを取ったのは数えるほど。気持ちの浮き沈みは表に出さないことを徹底し、優勝争いの緊張はのぞかせずに目の前の一打に集中した。

首位との4打差を追いかけた最終日、序盤から次々チャンスにつけてスコアを伸ばしていく。「ショットがついてリズムよくバーディが獲れたという感じ。うまく集中できていて、気がついたら6連続」と、6番から怒とうのバーディラッシュで11番を獲ったところで首位に並んだ。

優勝を強く意識したのは17番に入ってから。前のホールでスコアボードのトップに立つ自分の名前を確認し、「これを決めれば、確実になる」とバーディパットを打つ自分にプレッシャーをかける。7m弱を決めて通算20アンダー、2位に2打差をつけていた。

18番グリーンに上がるときには、優勝する自分の姿が浮かんでいた。「最後のバーディパット、決めたいなって。外れるのはかっこ悪い」としっかり決めてコースレコードの「62」。歓声を上げるギャラリーに控えめに手を振り、ここでもガッツポーズは出なかった。

「すごくいいゴルフができて、優勝できて良かった」と終わって、ようやく笑顔が弾けた。次戦は海外メジャー「AIG女子オープン」に参戦。「変わらず集中できたら、今週みたいなプレーができると思う」と、今季最後の大舞台に弾みをつけた。(スコットランド・アーヴィン/谷口愛純)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 トラストゴルフ スコットランド女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!