ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

東京五輪初エースはモロッコのマハ・ハディウィ オリンピック女子4人目

東京五輪女子2日目(5日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

モロッコ代表のマハ・ハディウィが7番のパー3でホールインワンを達成した。今大会初のエースで、五輪史上6人目、女子では4人目となった。

<< 下に続く >>

実測163yd、7Iで振り抜いたボールはピン手前に着弾してカップへと転がり込んだ。「高さもあって、思っていた通りのショット。着弾した時は『ああ、惜しいかも』って思ったけど、反応を待っていると『Oh!』という声が上がって。その興奮を見て入ったのかなって」。キャディとハイタッチをして喜びを分かち合った。

プロ転向して11年目を迎える33歳。プライベートを含めると6度目だが、試合では初めてというエース。「本当にびっくり。これ以上は望めない」と大喜びした。1オーバー36位から出たこの日は1イーグル2バーディ、3ボギー2ダブルボギーの「74」でプレー。通算4オーバーの49位で週末を迎える。

五輪史上初のホールインワンは、5年前のリオデジャネイロ大会で金メダリストとなった男子プロのジャスティン・ローズ(英国)。ヤコ・バンザイル(南アフリカ)、女子のリン・シユ(中国)、リディア・コー(ニュージーランド)、マリア・ベルチェノワ(ロシア)も同大会で記録している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!