ニュース

米国女子ロッテ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ロッテ選手権
期間:04/14〜04/17 場所:カポレイGC(ハワイ州)

「スイカ、もらった」後退の笹生優花 それでもテンションアップのワケ

2021/04/17 13:28


◇米国女子◇ロッテ選手権 3日目(16日)◇カポレイGC (ハワイ州)◇6563yd(パー72)

単独首位から4打差3位に後退した笹生優花だったが、声のトーンは上がっていた。「スイカ、もらった。すごい優しかった」。2サムの最終組はリディア・コー(ニュージーランド)とのペアリング。2019年「全米女子オープン」で練習ラウンドを一緒に回ったことを覚えていてくれたことも、19歳の心を動かした。

<< 下に続く >>

「65」でトーナメントリーダーとなった元世界ナンバーワンのプレーを間近で見られたことが大きい。後半14番(パー5)であごの高いバンカーから低く出しつつピンに絡め、15番でも右ラフからの第2打を柔らかくピンそばに止めて、いずれもバーディにつなげたプレー。

「ああいう風に打てる選手だから世界一になってると思う。(そういう意味で)ビックリはしていないです。絶対にどこからでも寄せられる技術は持っている。テレビで見るより、近くで見た方が、どうやって打っているか、どういうマインドセットでそのショットに入っているかを近くで見られたのが良かった。結果とか別にして、すごくいい3日目だった」

この日は5バーディ、4ボギーの「71」。出だし1番(パー5)で3パットボギーをたたくなど4ボギーは前半に集中した。「緊張していないように見えるとよく言われますけど、いつも全然緊張してるので。きょうだけ緊張したってわけじゃないです」と笑い、「結果的にいい方向に行ってなかったけど、そんなに落ち込むようなショットは打ってなかった」と冷静に振り返る。

前日と全く違った風向きにも徐々に対応。後半17番(パー5)では残り約175ydから7Iでのショットをフォローの風に乗せて2オン。イーグルパットはカップの真横で止まったものの、得意のロングゲームで見せ場を作った。笹生がリスペクトを口にしたコーは「ロリー・マキロイによく似たスイングとは聞いていたけど、彼女のゲームには私にはない部分がある。見ていて感動した」と称賛した。

米ツアー初優勝もまだまだ射程圏内の最終日。「自分のゴルフをして、楽しんで、いろいろまた学べるように。一週間がムダにならないようにしたい。結果が出たらすごくうれしいですけど、勉強になったりとか、一日一日楽しいとか、そっちの方が意味があるんじゃないかなと思う」と笹生らしく挑む。(ハワイ州カポレイ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ロッテ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!