ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<2月17日>

2020年 伝説の女子ゴルファー逝く

1950年代と60年代に女子ゴルフ界を席巻、完璧なゴルフスイングで米女子ツアー(LPGA)歴代2位の通算82勝を挙げたミッキー・ライトさんが、フロリダ州フォートピアースの医療施設で亡くなった。バレンタインデーの2月14日に85歳の誕生日を迎えて3日後のことだった。

1935年、サンディエゴ生まれ。母親は主婦、父親は弁護士で幼少からゴルフに親しんでいた。11歳のときに身長はすでに約170㎝に。学校の友達から「ムース」(体長2mを超えるヘラジカ)と呼ばれ、その劣等感克服をゴルフに見いだしたとされる。

<< 下に続く >>

55年にプロ転向。56年に初優勝すると61年からは4連続で年間10勝以上をマーク。メジャーでも歴代2位の13勝を挙げた。60年代のピーク時には、大会スポンサーがライトさんの出場を開催の条件にするほどの人気だったという。

細身の体から繰り出す力強いスイングが持ち味で、PGAツアー通算64勝のベン・ホーガンから「なんてすばらしいスイングなんだ」と絶賛された。その美しいスイングに“女性版ベン・ホーガン”の異名もつけられた。

69年に慢性的な手首と足のけがにより34歳でフルタイムでの参戦を断念したが、LPGA公式サイトは「現役生活をさらに続けていれば確実に100勝していた」と伝えた。引退後はLPGA会長も務め、76年に世界ゴルフ殿堂入りした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!