ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

合言葉は“30秒” 河本結が生かした5000ドル罰金の反省

2020/10/09 12:45


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日(8日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

後半2番のティイングエリアで河本結の組にスロープレーの計測が入ることが通知された。前の組と1ホール間隔が空いてしまっていたためだった。組全体のプレーペースは共同作業だが、「(そこからは)時間しか気にしていなかった。タイムを計られて、『また罰金を払わなきゃいけないのか』っていうのしかなかった」

<< 下に続く >>

米ツアーデビュー戦だった1月の「ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ」での苦い記憶がよみがえる。2ホールでプレーペースが遅かったとして、同組のカルロタ・シガンダ(スペイン)とともに1人5000ドル(約55万円)の罰金を科された。

あの日胸に刻んだのは、「1打を30秒以内に打つ」という米女子ツアーのルール。メジャーのタフなセッティングと並行して“時間”とも闘いながら、2番はしぶとくパーを拾い、3番でバーディを奪った。「キャディさんが先にいって計算してくれたり、私が少しでも時間を使えるようにしてくれたので、感謝したい」。相棒とも協力して2度目の罰金は回避した。

パープレーの後半は5番(パー3)と最終9番(パー5)で70㎝のパーパットを決められなかったことが悔やまれる。「ショートパットで、どうしても手が動かなくなってしまっている。後半はすごく難しい中でもいいプレーができた。ショートパットさえ決まってくれていたら、ホント、95点つけられるくらいのラウンドだった。“もったいない”に尽きますね」と残念がった。

「ビッグスコアが出るコースじゃない。地味なパーが成績に現れてくるし、我慢のゴルフになる。きょうのゴルフは決めきれるところを決めきれなかった。そういうことをしていると予選も通れないし、上位にも絡めない」。2オーバー40位と出遅れは回避したものの、自分を戒めた。(ペンシルベニア州ニュータウンスクエア/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!