ニュース

米国女子KPMG全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権
期間:10/08〜10/11 場所:アロニミンクGC(ペンシルベニア州)

渋野日向子「風とお友達になれた」/一問一答

2020/10/09 09:34


◇米国女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日(8日)◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577yd(パー70)

渋野日向子が2カ月に及ぶ長期海外転戦の締めくくりとなる今季3試合目のメジャーで、上々のスタートを切った。後半12番で4パットのダブルボギーをたたきながら、ショットでチャンスを演出して5バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「70」をマーク。イーブンパー13位から、さらなる上位進出へ手応えをにじませた。

<< 下に続く >>

―タフなコースで価値あるイーブンパー
こんなにバーディ獲れると思わんかったー(笑)。(バーディ)5つ中、4つはショットがついていた。ショットでバーディが獲れた。

―ティショットでフェアウェイを外さなかった
1個だけ外したところが7番。あそこも(枝が邪魔になるセカンドが)運よく(グリーンに)乗ってくれて、すぐに切り替えもできましたし、最終ホールで「そう言えば(フェアウェイキープ率)100パーかな」って話をしていたんですけど、7番で外しているのを忘れていた。それくらい、ショットが良かった。フェアウェイからのミスショットも、ほぼほぼなかった。

―風も吹く中でのラウンドだった
アメリカツアーに来てから、かなり風の中での試合をやっていたので「そろそろ、ちょっと前進しないとな」と思っている中で、きょうは本当にいい感じにできていた。ショットも良かったですし、いい感じに風に乗ってくれて、ティショットもすごく飛んでいたりしていた。きょうは風とお友達になれたかなと思います(笑)。

―2日目に向けて
とりあえず4パットはしたくないなと思うんですけど(笑)、ロングパットも、ほぼほぼ距離は合っていたかなと思うので、そこはしっかりこの後も練習してあすに備えたい。スタートダッシュとしては、いい感じかなと思う。あすもピン位置を含めてかなり(セッティングは)厳しいと思いますけど、1アンダー、イーブンで上がれたらいいと思う。とりあえずボギーはあると思って、獲れるところでしっかり獲っていきたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 KPMG全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!