ニュース

米国女子ギンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギンオープン
期間:04/17〜04/20 ギンReunionリゾート&クラブ(フロリダ州)

体調不良とショットの乱れも我慢のゴルフで、1アンダーをキープ

2008/04/18 13:14


「持病のヘルペス(くちびる)が出て、昨日は頭も痛くて吐き気がした。気持ちはそうでもないけど、思ったより疲れていたみたいです」と、体調面で不安が出た「ギンオープン」初日。しかし、上田桃子は我慢のゴルフで1アンダーのスタートを切った。

インスタートの上田は10番から13番まで連続4ホール、パーオンしないという苦しいスタート。だが、ここで踏ん張り、このピンチをいずれもパーで凌いだ。「もし出だしがボギー、ボギーなら76とか77は、いっていたと思う。ショットが悪かったけど、よく我慢できた。パターがよかったです」と語る。その後もインは全てパーとし、後半に繋がる粘りを見せた。

午後に入り風が出てきたが、「練習ラウンドの方が強くて、気にならなかった」という上田は、2番で3mのパットを沈め、待望のバーディを奪う。そして7番でもバーディ。いい形でこの日を終えるかに思えたが、8番で3パットのボギーを叩くと、続く9番でも第1打をいいポジションにつけたものの、セカンドショットがショートし、バーディをとることが出来ず、1アンダーで初日を終了した。

「ショットが悪かったけど、そんな中でも1アンダーは自信になった。流れが大事だということも分かった」と振り返り、「8番、9番がもったいなかったが、それ以外は我慢できた。(明日は)ショットが良くなれば、今日のパットのフィーリングで行けばスコアは出ると思う。がんばりたいです」と、表情は明るく、明日からの活躍に期待が持てそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ギンオープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。