ニュース

国内男子三菱ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

苦手だった大洗をとうとう征服!?平塚哲二/三菱ダイヤモンドカップ2004

2004/05/31 12:00


「ボギーさえ打たなければ勝てる」

大洗の最難関、16、17、18番は魔の3ホール。それまで順調に来ていても、毎回、この3ホールにやられてきた。

昨年初日。いつも温和な平塚が、頭から湯気も上げんばかりに怒っていた。17番でボギー、18番でダブルボギーを打った。あまりの悔しさ、不甲斐なさに、ホールアウト後は、誰に何を話しかけられても足も止めず、練習もそこそこに、逃げるようにしてコースを飛び出していた。結局4日間、この3ホールだけで6 オーバーを叩いている。

<< 下に続く >>

やはり、ここで行われた98年の日本オープンが、レギュラーツアーのデビュー戦。そのときから、もっとも苦手なコースのひとつとなった。だからこそ、2打差首位に立った前日3日目は、「ここでは、ほかの誰かと争っても、通用しない」と、平塚は思った。

「とにかく明日は、人とではなく、コースとの戦い」と、心に決めて迎えた最終日。平塚は、難攻不落の大洗に、真っ向勝負を挑んだのだ。

再三のピンチに見舞われたが・・・「それでいいんだ」

途中、何度もショットが右に曲がった。アドレスした時点で、無意識に右を向いていた。プレッシャーがかかってくると、途端に顔を出す悪いクセ。何度も林に打ち込んだ。10番で2位の谷原がイーグルを奪い、2打差まで詰め寄られた。

対する平塚は、特にパー5のチャンスホールで再三のピンチに見舞われていた。そのせいで、前半の3バーディのあと7番から伸び悩んでいたが、本人は、「それでいいんだ」と、気にかけてはいなかった。

「もともと、パーを重ねていくのが、僕のゴルフだし」。ここ大洗の、特に上がりホールでは、無理してバーディを狙っていくよりも、自分の持ち味を生かしたゴルフが求められている。ここ何年間か、痛い思いを繰り返しながら、つかんでいった攻略法だ。

「このままボギーさえ打たなければ、勝てるはず」。そう信じて、しぶとくパーを拾っていったのだった。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 三菱ダイヤモンドカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!