ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアー初優勝!!<高橋竜彦>アイフルカップゴルフトーナメント

2005/08/01 12:00

放心状態で、田島創志の体を受け止めた。日大の後輩で、練習仲間で、良きライバル。お互いに最終日最終組でスタートしたこの日は、「俺か創志、必ずどちらかが優勝しよう」という暗黙の了解があった。
その目標を自分が実現したことが、すぐには信じられない。

ウィニングパットを沈めた瞬間、田島が涙を浮かべて抱きついてきた。それで、ようやく実感できた。
「創志の涙で、自分もついウルっときた」。
涙でボンヤリとにじむ視線のそばには、いつの間にか最愛の人の姿もあった。

3月3日に結婚したばかりの妻・葉月さん。

2人で抱き合って喜びを分かち合い、肩を並べてグリーンを降りた。
と、ギャラリースタンドからやんやの歓声。
「ボール、投げて~!!」
「高橋さん、ボールくださ~い!!」
駆けつけたファンが、ウィニングボールのリクエスト。

その声に微笑みながら、「投げてあげたら?」というように、葉月さんがスタンドに向って手を差し伸べた。
葉月さん自身もプロゴルファー。
ファンに応えることの大切さを、知っている。

だが高橋は、躊躇する素振りを見せた。
その様子を見た葉月さんは、戸惑いの表情を見せた。
高橋が、葉月さんに何かささやいた。
しばらく見詰め合ったあと、高橋はその手にボールを握らせた。
葉月さんは、それを両手で包むように受け止めてから、スタンドに向って済まなそうに手を合わせた。

「すみません、さすがに投げれられなかった」(高橋)。

その週の28日木曜日は、葉月さんの32回目の誕生日だった。
2位と2打差の首位でスタートした最終日、「今日は勝つから」と約束して夫は出ていった。
ウイニングボールは、その約束を叶えた何よりの証しだ。
迷った末に、やはり妻に捧げることに決めた。

「僕は、ゴルフ・バカ」と本人も言うように、寝ても覚めてもゴルフ漬けの夫の気持ちは、同じプロゴルファーだからこそ、よく分かってくれる。
「家では、僕ができるだけ気持ちが休まるよう気遣ってくれる。自分のこと以上に、僕に夢中になってくれる人」。
内助の功は、今年7試合に出場して予選落ちなしという成績が、何より物語っている。
いよいよ掴んだツアー初優勝は出場権さえなかったころも、芯から支えになってくれた妻へ最高のバースデープレゼントになった。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。