ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

尾崎直道 「ジャンボとは、また違った強さで戦いたい」/中日クラウンズ

2005/05/02 12:00

11番までに5バーディを奪ったコンランに、一時は3打差をつけられた。12番のバーディで、どうにか2打差に詰め寄った。だが、コンランも譲らない。12番、13番で、バンカーから立て続けのパーセーブ。つけ入る隙も、ないように見えた。

その一方で「なぜか自分が負ける気が、しなかった」と、直道は振り返る。
フロント9で吹き荒れた強風は、「追い風のように感じた」。バック9から降り出した雨は、「恵みの雨に」。どんな障害も、自分に味方してくれるように感じる。

先週のつるやオープン。1年半ぶりの優勝が、直道にゆるぎない自信を与えていた。これまで22回もの出場経験があるこの大会。この日の風向きなら、左ドッグレッグの16番。367ヤードのパー4が「最後のチャンスになる」と、直感した。「それまで、せめて離されないよう。スリルある優勝争いを、見せていきたい」その一心で迎えたキーホール。残り119ヤードの第2打はピン2メートル。バーディ、ボギーで首位に並んだ。

「勝機はやっぱり俺にある」。
ますます信じて疑わず、通算11アンダーで持ち込んだプレーオフ。その2ホール目に決着をつけた。あと数十日で49歳。重ね合わせて思うのは、兄・ジャンボのことだ。同じ歳にダンロップフェニックスで大会3連覇と通算100勝目を達成し、そのあとさらに12個の勝ち星を重ねて、現在112勝。

「アニキは、49歳から全盛期。ますます、強くなっていった印象がある」。それにひきかえ今の自分には、「あのころのジャンボのような、豪快な飛距離がない。同じようにやれるわけもない」。

それでも、ショートゲームのうまさを何より問われるのがここ和合だ。97年以来(※)8年ぶりの2週連続Vを達成したことで、「ジャンボとはまた違った強さ、戦い方で俺もまだやれるのではないか・・・」。そんな希望もわいてくる。

「この2勝でまた、賞金王とか言われるだろう。けど俺自身、せっかくこんな調子いい時期を、思い切り楽しみたい気持ちもある。行ける所までこの気持ち良さを味わいたい、ってね」。当面の照準は、1週空いて次の日本プロ。3試合連続優勝もやり遂げてしまいそうな勢いが、今の直道にはある。

※直道の過去の2週連続優勝は、91年のカシオワールドオープンと日本シリーズ、97年のPGAフィランスロピーとヨネックスオープン広島と、今回で3回目。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。