ニュース

国内男子セガサミーカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

葉偉志(よう・いし)が「大好きな北海道」で、ツアー通算2勝目/セガサミーカップゴルフトーナメント

2006/07/24 09:00

18歳のころにハマった釣り。
「いかに大きな獲物を釣るか」と、寝ても冷めてもそればかり考えた時期がある。
海、川、池。あらゆる穴場を探し歩いた。
前日、頭の中で絶好のポイントに、釣り針を投げ入れる瞬間を想像する。
「明日はどんな魚が釣れるだろう」と、考えただけでワクワクした。
知人に「そんな若い頃から釣りばかりやるもんじゃない」と諭されて20歳で“引退”したが、プロゴルファーになってもその姿勢は同じ。

普段の温和な表情から想像もつかない。コースでも強烈なチャレンジ精神が顔をのぞかす。

どんなにリードしようとも、攻める気持ちは失わない。2打差で迎えた13番パー5。
グリーン手前に大きく口をあける池。
残り230ヤードの第2打は、安全に刻んでも良かったが「僕はいつでも、挑戦することが大好きだから」

迷わず、ピンを狙っていった。
その結果、ボールは池に沈んだが、ピクリとも表情を変えなかった。
打ち直しの第4打はピンそばにピタリ。
あっさりとパーで、しのいでみせた。

さらに差を広げて迎えた上がり3ホールこそ、容赦なかった。

アイランドグリーンの16番パー3は、8アイアンでピン4メートル。
17番は、残り130ヤードを9アイアンでやはりピン4メートルにつけた。

グリーン手前に池が横たわる最終18番パー5も、もちろん2オン狙い。
残り231ヤードの第2打は、4アイアンで楽々と手前のカラーまで運んでいった。
3連続のバーディフィニッシュで2位以下を徹底的に突き放して頂点に立った。

豪快なショットを生み出すしなやかな筋肉は、3年前から専属トレーナーについて始めたトレーニングの成果だ。
この週、3番と18番で計測されたドライビングディスタンスで4日間平均306.63ヤードを記録して堂々1位。
飛距離と小技の絶妙なマッチング。

専属キャディの桜井久士さんと「今日はスコアボードは絶対に見ない」と決めていた。
「破ったら罰金」との約束を貫いて、最後までノンプレッシャーで戦い抜いた。

最終日はボギーなしの、完璧な内容でつかんだツアー2度目の栄冠は、2003年のANAオープンに続いて、やはり北海道での大会だ。
寒冷地特有の洋芝は、2000年から3年間戦った欧州ツアーとどこか似ている。
吹き付ける強風も、母国・台湾で慣れっこだ。
一生懸命に覚えた日本語で、地元ファンの前で精一杯の優勝スピーチ。
「ホッカイドーはコースもナイス、天気もナイス、人もナイス・・・ダイスキです!」

道内3試合に勝てばもらえる1000万円のボーナス『ゴルフ北海道スイング』の一番手に名乗りをあげた。
また、来年の今大会で連覇を果たせば、さらに2000万円。合計3000万円が手に入る。
「・・・それはイイですねぇ、ガンバリマショウ!!」
次なる“獲物”が定まった。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

2006年 セガサミーカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。