ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

豪州勢が2週連続優勝<ブレンダン・ジョーンズ>

2006/04/24 09:00

つるやオープンゴルフトーナメント

12番でボギー。室田淳に並ばれた。それでも、ブレンダン・ジョーンズは「負ける気がしなかった」。トラブルを迎えても、強い気持ちは消えなかった。
最終日の朝スタート前、ウェイン・パースキーに言われた言葉が蘇る。「今週は、君が勝つ雰囲気を持っている。だから頑張れ!」。

パースキーは、ジョーンズのジュニア時代からのライバルで、無二の親友。実際、その仲の良さは半端ではない。
先週の開幕戦で、パースキーがツアー初優勝をあげた。チャンピオンは、表彰式やインタビュー、写真撮影会などホールアウト後の行事で慌しい。

大忙しのパースキーに代わり、キャディバッグを片付けたり、せっせと荷造りしてやったのがジョーンズだった。それは、パースキーのスニーカーを持って会見場に現れて、スパイクを履き替えさせるほどの献身ぶりだった。
「僕らの仲を、怪しんでいる人もいるくらい(笑)。ほんとうに、兄弟みたいに仲が良いんだ」。
次のつるやオープンの会場に向かう電車の中で、そう笑っていた2人。

そのパースキーが、「今週は、君の番」と、太鼓判を押していた。
2人でワン、ツーフィニッシュした先週の最終日は、同じ最終組で回っていた。
「そのときのBJ(ジョーンズの愛称)のゲームの組み立て方が、とても良かったんだ。先週はたまたま僕が勝ったけど、次は絶対に彼だと。そう確信していた」(パースキー)。

果たして、親友の見立ては正しかった。
「ティグラウンドに立つと震えが来るくらい。嫌いなホール」という山の原ゴルフクラブの14番パー4も、この日最終日はティショットで安全に、4番ウッドを握る策で乗り切った。
2位に2打差をつけて、プレッシャーから完全に開放されてやってきた最終18番。グリーンの向こう側に大親友の笑顔が見えた。

先週はパースキーの初優勝を心から喜んだジョーンズが、今度は祝福の抱擁を受ける番。パースキーが耳元でささやく。
「ほら、僕が言ったとおりになっただろう?」。
歓喜の輪のなかに、やはり豪州出身のポール・シーハンも加わって「来週は、僕が勝つよ!」。即座に、ジョーンズが答える。
「僕も、2週連続優勝を目指す!」。

先週の米ツアーではアーロン・バデリーが優勝するなど、ちかごろ世界各地で豪州勢の勢いが凄まじい。
「・・・今年の日本ツアーは、僕らがぜんぶ買っちゃうかも?!」。
ジョーンズのジョークが、まんざら冗談でもなく聞こえてくるから恐ろしい。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

2006年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。