ニュース

国内シニア第14回スターツシニアゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

スポーツを通してできること いのちの啓蒙活動

「シニアプロのキャディバッグにオレンジ色のキティちゃん・・・?」

明日14日(木)に開幕する国内シニアツアー「第14回スターツシニアゴルフトーナメント」のプロアマ日、キャディマスター室に並ぶ数人の選手のキャディバッグにオレンジ色のドレスを着たキティちゃんのマスコットが付いている。これは子宮頸がん予防啓発プロジェクト“Hellosmile(ハロースマイル)”の応援キャラクターとして作られたマスコットの人形だ。

昨年10月「第22回日本シニアオープンゴルフ選手権競技」開幕の前日、出場を表明していた植田浩史は突然の悲報に接した。植田の愛娘である沙也加さん(当時24歳)が、この子宮頸がんを患い、病気発見から約11ヶ月という短い闘病生活の末この世を去った。「発見時はステージI-b。それほど悪かったわけではなかった」と、家族と共に病魔と闘うことを決意した植田だったが、24歳という若い年齢が転移を早め、病状は残酷にも命の時間を削った。

その言葉にならないほどの哀しみが襲った出来事のあと、ゴルフをしていても「なにをやっているのか上の空のような状態だった」と空虚感に襲われた植田だったが、そんな時に「頑張らなくていい」という言葉を掛けてくれた知人からこのプロジェクトのことを伝え聞き、「まわりの人に、自分と同じような思いをさせたくない」という一心で賛同を決意した。

現在、沙也加さんを幼少の頃から知る中嶋常幸をはじめ、青木功室田淳、そのほか多くの選手のキャディバッグにこのオレンジのドレスをまとったキティちゃんが付いている。「生産数が少なくてツアーの賛同してくれる選手に配ることができなかったけど、ようやく準備できました」と、このプロアマ戦では、多くの選手のキャディバッグにオレンジ色の花(タオル)を添えた。

「おじさんたちにキティちゃんを付けてもらうのは確かに抵抗ありましたね。でも、シニア世代だからこそ奥さんや娘さん、そしてお孫さんの代にまで、このことを伝えていって欲しいんです」。シニアツアーでこのプロジェクトを推進する理由はこんなところにあった。当時の心境を語りながら涙を堪える赤い目で、その傷がまだ癒やされていないことを知る。珍しい横顔のキティ。“見つめる先には、幸せな未来がある”ことを教えてくれている。

先進諸国は、アメリカが約80%、フランス、イギリス、カナダ、スウェーデン、オーストラリアなどが約70%の受診率に対し、日本では24%という低い健診受診率。「寿命が運命だとしても、早期発見で運命だって変えられる。どうにか50%には持っていきたいね」。スポーツを通してできることは、観客を魅了することだけではないことを改めて感じたこの日、植田の声は沙也加さんのもとにしっかり届いているに違いない。(茨城県笠間市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 第14回スターツシニアゴルフトーナメント

スターツシニアゴルフトーナメント ライブ中継

スターツシニアゴルフトーナメント ライブ中継
国内シニアツアー「第14回スターツシニアゴルフトーナメント」生中継! 1Hティグラウンドと9Hグリーンから本戦の模様をお届けします。

ライブ中継【予定】
6月14日(金)8:00~15:00
6月15日(木)8:00~12:00
6月16日(日)8:00~12:00



特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。