ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

室田が3位Tに浮上 逆転賞金王に望みを繋ぐ

賞金王争いで白熱する国内シニアツアー最終戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の2日目、2アンダーの9位タイからスタートした室田淳が6バーディ、1ダブルボギーの「68」をマークして、優勝争いに名乗りを挙げた。室田は現在、賞金ランク首位の尾崎直道と約900万円の差をもって4位。賞金王タイトル獲得には室田が優勝、尾崎直が3位以下(2位タイも可)で逆転賞金王となる。

2日目を連続バーディ発進で決めた室田。「バーディ、バーディできて、3番でもティショットを曲げたにも関わらずパーセーブと、いい流れで来てたんだけどね・・・」と、前半はパーを重ねて折り返した。後半に入り11番でティショットを大きく右に曲げてOBとすると、そのホールをダブルボギーとしてしまう。しかし「自分に怒ってやったんだ」と、そこからは3連続バーディの猛チャージ。さらに最終18番(パー5)もバーディフィニッシュとして首位と2打差に迫った。

<< 下に続く >>

「明日は最終組でやりたいね」とホールアウト後に語った室田。その言葉通り、明日は10時にキム・ジョンドク(韓国)、井戸木鴻樹とともに最終組でティオフする。ここ数戦続いていた追われる立場から、今週は追う立場へ。「いつもとは逆の立場だし、攻めることにする。2人がドキドキしながらプレーしているところを見たいね(笑)」と悪戯に笑う。

当の本人もビッグタイトルの懸かった大切な最終戦。「出だしの流れさえ掴めれば、気持ちを強くもって臨める」と、室田は明日、序盤から攻勢をかける。(千葉県木更津市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!