ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

井戸木が逃げきるか!?室田、中嶋らが追い上げる

◇国内シニア◇富士フイルムシニアチャンピオンシップ 2日目◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県)◇6,953ヤード(パー72)

シニアツアールーキーの井戸木鴻樹が2日間単独首位をキープし、ツアー初優勝に王手をかけた。6アンダーの首位からスタートした井戸木は、4番でボギーを先行するが、中盤に4つのバーディを積み重ねた。14番で2つ目のボギーを叩いたがその後はパープレーでホールアウト。通算8アンダーで初優勝に王手をかけた。

<< 下に続く >>

首位の井戸木を1打差で追いかけるのは、昨年の賞金王、金鐘徳。今季未勝利の金が最終日に逆転優勝を狙う。さらに1打差の通算6アンダー3位タイには奥田靖己中嶋常幸室田淳の3人が並んでいる。先週の「日本シニアオープンゴルフ選手権競技」でも優勝争いを展開した井戸木、中嶋、室田が今週も好調を維持している。

賞金王争いに行方は、現在首位の尾崎直道がスコアを3つ伸ばして通算5アンダー6位タイに浮上。追いかける立場のフランキー・ミノザ(フィリピン)は、スコアを5つ落として通算4オーバー47位タイに失速。尾崎が初の賞金王獲得は秒読みとなった。

<井戸木が単独首位をキープ!「明日は“13アンダー”に集中する」>
単独首位からスタートした井戸木が、2ストローク伸ばして通算8アンダーとし、初優勝に王手をかけた。この日は井戸木の51歳の誕生日。「悪いながらも首位を守れた。今日はいつもより100円だけ高い焼酎でお祝いします」とクラブハウスに戻って来た井戸木が早々に笑いを誘う。

大会2日目は、3番でボギーが先行する苦しい立ち上がりとなったが、7番(パー5)でこの日1つ目のバーディを奪うと、続く9番でも再びスコアを伸ばした。一時は首位の座を、後続から追い上げるブーンチュ・ルアンキット(タイ)に奪われるが、後半に入った11番、12番では渾身のバーディパットをねじ込んで粘り、2位に1打差で首位をキープした。前週、2位タイで終えた「第22回日本シニアオープンゴルフ選手権競技」から、井戸木の気持ちは「優勝にまっすぐ向いている」と話す。「勝つことは難しいけど、勝てるチャンスのあるときに勝っておきたい。明日は自分を追い込みながやっていきます」と貪欲な姿勢だ。

「とにかくコースが難しい」。ホールアウトしてきた選手が声を揃える16番(パー4)を、初日はバーディ、2日目をパーセーブした井戸木。ピン位置、風の計算、そして逸る気持ちの駆け引き・・・と難コースは、さらに難易度を高める。井戸木はその難コースでの優勝スコアを、“通算13アンダー”と予想した。「“13アンダー”に集中してプレーする。勝てたらうれしいけど、それで負けたら仕方ない」。最終日はプレッシャーや、余計な思惑は排除して、自分のプレーだけに集中する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!