ニュース

国内シニアISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

鳴り響いた緊急地震速報 今季初の観客動員で“ミッツポリス”出動は

2020/07/30 20:40


◇国内シニア◇ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント 初日(30日)◇朝霧CC (静岡)◇シニア6788yd、スーパーシニア6060yd(いずれもパー72)

新型コロナウイルスの影響でストップしていた国内シニアツアーが約3カ月遅れで動き出した。6月に国内女子ツアーが先陣を切って開幕したが、今季国内のゴルフツアートーナメントで観客を動員したのは今大会が初めて。初日は323人が来場した。

<< 下に続く >>

入場ゲートではサーモグラフィーによる検温が行われ、うがいと手指の消毒を済ませたギャラリーはフェイスシールドとマスク、ビニール手袋を受け取って会場に入った。

濃霧による視界不良を考慮し、急きょ観戦エリアを制限する事態となったが、密を注意するため場内を巡回している“ミッツポリス”が対応するほどの混雑は起きなかった。午前9時30分ごろには場内で緊急地震速報のアラームが一斉に鳴り響き、観客動員トーナメントならではの一幕もあった。

今大会は出場選手112人と競技員などの大会関係者14人、計126人を対象にPCR検査を実施し、全員陰性と判定された。各組には大会スタッフがカートの運転とピンフラッグの抜き差しを行うキャディとして同行し、選手の中には帯同キャディを起用するケースもあったが、こちらはPCR検査の対象外となった。

日本プロゴルフ協会会長を務め、大会に出場する選手でもある倉本昌弘は、ギャラリーを入れるべきではないという意見に同意しつつ、「我々プロは“見られてなんぼ”の世界。ギャラリーがいてプレーをするのが本来の姿だと思う。我々が入れることでほかのツアーが知恵を絞って、『やればできる』ということになれば」と期待を語った。 (静岡県富士宮市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!