ニュース

国内シニアISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

シニア開幕戦は入場無料で観客動員へ “ミッツポリス”で感染対策

2020/07/15 17:36

一般社団法人 国際スポーツ振興協会(ISPS)と日本プロゴルフ協会(PGA)は15日に都内で会見を開き、シニアツアーの開幕戦となる「ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント」(7月30日~/静岡・朝霧カントリークラブ)、続く第2戦の「プロゴルファー誕生100周年記念 ISPS HANDA コロナに喝!!シニアトーナメント」(8月21日~/群馬・赤城ゴルフ倶楽部)と2つの新規トーナメントの概要を発表した。

2日間競技となる7月の開幕戦はスーパーシニアも合わせて賞金総額3000万円、優勝賞金は500万円。8月の第2戦は3日間競技となり、こちらもスーパーシニアを含めて賞金総額5500万円、優勝賞金1000万円。開幕戦でPCR検査を実施することも明らかにした。

<< 下に続く >>

どちらの大会もギャラリーの観戦が可能で、入場無料。シニア開幕戦が、今季国内のゴルフツアートーナメントとしては初めて観客を動員した大会となる。フェイスシールド、マスク、ビニール手袋を1万セットほど用意し、ギャラリーに配布。三密発生を避けるため、小池百合子都知事のお面をつけた“ミッツポリス”がコース内を巡回して注意を促すとしている。

新型コロナウイルス感染拡大による相次ぐ大会の中止を受け、6月初旬にPGAの倉本昌弘会長に新規大会開催を申し出たというISPSの半田晴久会長は「ここにきてサッカー、野球と観客を入れて試合を開催している。ゴルフ界でもISPSが観客を入れた初めてのケースを開催し、完璧な対策を行うことで、次が続いていく」と期待を口にした。

半田会長は「会場で観戦者によるクラスターが発生したら、ISPSが責任を取ります」と話し、感染者の収入に応じた補償を行う案にも言及した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ISPS HANDA コロナに喝!! シニアトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!