ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

申ジエ「後方にキャディ」の新規則も問題なし

2019/03/09 16:47


◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 3日目(9日)◇琉球GC(沖縄県)◇6514yd(パー72)

申ジエ(韓国)は1月に施行された新規則10.2b(4)「キャディがプレーヤーの後方に立つことの制限」について「ルーティンも何も変わらないし、全く影響ないですね」と話した。昨年までは齋藤優希キャディがティショット時などに後方や、その近辺に立っていた。

齋藤キャディも「(昨年までは)後方に立っていたが、ほとんど話すことはなかったし、関係ない。(新規則でも)何の問題もなくやれているし、キャディの仕事に専念できるのでいいですよね」と話した。

この日は1イーグル1バーディ、4ボギーの「73」でプレー。前半4番(パー5)で20ydから48度でチップインイーグルを決めて「とても大きい歓声でした。楽しい1日でした」と振り返った。

首位の比嘉真美子とは7打差となる通算2アンダー2位で最終日に臨むが「トップとどれだけ差があろうと、ボギーを打たずに挑戦していくのがプロです」と表情を引き締めた。(沖縄県南城市/玉木充)

【ゴルフ規則10.2b(4)】キャディがプレーヤーの後方に立つことの制限(抜粋)
キャディがプレーヤーの後方に立つことの制限。プレーヤーがストロークのためのスタンスをとり始めてからそのストロークを行うまでは:
・プレーヤーのキャディはどのような理由であってもプレーの線の球の後方延長線上やその近くに故意に立ってはならない。
・プレーヤーがこの規則に違反してスタンスをとった場合、そのスタンスを解いたとしても罰を免れることはできない。
(※補足の一部)プレーヤーがスタンスを解いた場合、そのプレーヤーは「ストロークのためのスタンス」を始めていたとはみなされない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。