ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

ティオフ40分前に前日分の2罰打宣告 「後方にキャディ」の新規則違反で

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 3日目(2日)◇PGAナショナル (フロリダ州)◇7125yd(パー70)

27歳のアダム・シェンクが前日の違反により、第3ラウンドのティオフ40分前にツアーから2罰打を言い渡された。

練習場で調整中に競技委員にスマートフォンで前日17番(パー3)の第2打、バンカーショットの映像を見みせられた。キャディが球の後方線上にいるとの指摘で、規則10.2b(4)に接触。ボギーだった同ホールはトリプルボギーとされ、通算4アンダーから2アンダーに変更された。

シェンクは「動揺した。考える時間もあんまりなかった。僕らは(前日17番で)バンカーからボギーに留めるルートを探っていたんだ。もちろんズルをする意図はなかったけど、ルールは破ってしまった」と説明した。自身のキャディに「早く忘れよう」と言い、第3ラウンドを「68」でまとめ、首位と3打差の通算4アンダーの6位になった。

ツアー側は「(フェニックスでのことがあったため)慎重になったのは確か」と認めた上で、「罰打は、アダムのキャディがスタンス後も後ろにいたが、彼は動くなどペナルティを逃れるような行動がなかった」との声明を出した。

シェンクは「僕は違反をしてしまったので、罰を受けるべきだと思う。ただ、デニーは無罰で当然だし、リッキーの罰もおかしいと思う」と私見を述べた。(フロリダ州パームビーチガーデンズ/林洋平)

ゴルフ規則10.2b(4):キャディがプレーヤーの後方に立つことの制限(抜粋)。
キャディがプレーヤーの後方に立つことの制限。プレーヤーがストロークのためのスタンスをとり始めてからそのストロークを行うまでは:
・プレーヤーのキャディはどのような理由であってもプレーの線の球の後方延長線上やその近くに故意に立ってはならない。
・プレーヤーがこの規則に違反してスタンスをとった場合、そのスタンスを解いたとしても罰を免れることはできない。
(※補足の一部)プレーヤーがスタンスを解いた場合、そのプレーヤーは「ストロークのためのスタンス」を始めていたとはみなされない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。