ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

師匠・岡本綾子の「金言」胸に 若林舞衣子は考えすぎない

◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント2日目(11日)◇軽井沢72ゴルフ北コース (長野県)◇6655yd(パー72)

30歳の若林舞衣子が5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、18位から通算7アンダーの3位に浮上。前半3番(パー3)で5m、7番では6mのバーディパットを落ち着いて沈め「今週はパットのフィーリングがいい。これまではショットが良くても、パットがなかなか決まってくれなかった」と振り返った。

<< 下に続く >>

国内ツアー44勝の師匠・岡本綾子からの金言を胸にグリーンに立った。前週、メッセージを共有するLINEを通し「考えすぎず、追い込みすぎず、おおらかな気持ちでやりなさい」とアドバイスを受けた。それまではショットに加えて、パット練習を2時間以上行うなど、気が済むまで汗を流したが、前日の初日ホールアウト後はパットのみで切り上げるなど、過度な練習は控えた。

「体が動かないのに練習しすぎたり、試合でも色々考えすぎたりしていた。パットでもストローク、リズム、ヘッドアップしないとか、考えすぎて動かないみたいなことが結構あった。今週は考えすぎないようにやっています」と若林。昨年「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」でツアー3勝目をあげたが、今季は21試合で賞金ランクは77位と低迷中だ。

「ここでいい流れを作りたい。トップ10目指して頑張ります」と師匠の言葉に結果で応えるべく表情を引き締めた。(長野県軽井沢町/玉木充)

関連リンク

2018年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!