ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

黄アルムが6打差独走 比嘉真美子は18位に浮上

2018/08/11 15:45


◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント2日目(11日)◇軽井沢72ゴルフ北コース (長野県)◇6655yd(パー72)

3打差の首位で出た黄アルム(韓国)が7バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算14アンダーとしてトップをキープした。後続に6打の大量リードをつけ、9季ぶりに優勝した7月の「大東建託・いい部屋ネットレディス」に続く今季2勝目へ、独走態勢を築いた。

通算8アンダーの2位に申ジエ(韓国)。通算7アンダーの3位に若林舞衣子木戸愛武尾咲希権藤可恋の4人が続いた。

大山志保、ツアールーキーの勝みなみ小祝さくらら11人が通算6アンダーの7位。

前週のメジャー「全英リコー女子オープン」で4位になった前年覇者の比嘉真美子は2オーバー87位から、「65」とし通算5アンダーの18位に浮上した。

<主な上位成績>
1/-14/黄アルム
2/-8/申ジエ
3T/-7/若林舞衣子木戸愛武尾咲希権藤可恋
6T/-6/大山志保勝みなみ小祝さくら李知姫松田鈴英藤本麻子原英莉花永峰咲希 ほか

関連リンク

2018年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~