ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】菊地絵理香と永峰咲希のプレーオフへ

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(22日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

54ホールで決着はつかず、優勝の行方は通算10アンダーの首位タイで終えた菊地絵理香永峰咲希によるプレーオフに委ねられた。18番の繰り返しで行われる。

ツアー初優勝がかかる永峰は、5位スタートから6バーディ、1ボギーの「66」。菊地は6位から7バーディ、1ボギーの「65」と伸ばした。永峰は1打リードの単独首位で迎えた最終18番で、2mのパーパットを外して並ばれた。

通算8アンダーの3位に上田桃子松森杏佳。通算7アンダーの5位に勝みなみ青木瀬令奈が続いた。

関連リンク

2018年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~