ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

風が惑わす最終戦 テレサ・ルーが賞金レースのカギ握る?

2017/11/23 18:28


◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 初日(23日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)

吹き荒れた強風が、女王レースの行方を左右するかもしれない。この日、第1組がティオフした午前9時ごろに強まり出した風は、午後には8.2m/sに達した。単独トップに立ったテレサ・ルー(台湾)は「曲がったらしょうがないから」と割り切って、8バーディを量産した。

<< 下に続く >>

冬場に強風が吹き荒れる台湾の淡水でゴルフの腕を磨いた30歳は、力強いショットの持ち主。後半15番からピンにからめて3連続バーディでトップに駆け上がった。風が吹くと有利では、という問いに「いやいや」と苦笑いで恐縮したが、「(ミスをしたら)自分のせいじゃなくて風のせいにしようと思って」と舌をペロリと出した。

一方で風に惑わされたのは上田桃子。13番までに4アンダーと上位にいたが、強さの増した風に「終盤が難しいコースで、風の読みが難しくなって…。読み違いがあった」と14番から3連続ボギーで後退。ティショットを大きく左に曲げた最終18番でもダブルボギーを喫して1オーバー13位で初日を終えた。

前半1mほどのチャンスで得意のパットを決められなかった鈴木愛は「風があって、なかなか難しくて」と明かし、3アンダーの2位につけた笠りつ子は3つのボギーを「風の読み間違いでしっかりコントロールできなかった」と振り返った。

気象庁によると、宮崎市は2日目も初日と同じような強さの風が吹く。鈴木愛がトップにいる賞金女王争いで、キム・ハヌルイ・ミニョン申ジエ(すべて韓国)は優勝が逆転の最低条件だ。自身の戴冠はないが、「あしたも風が強いそうですね」と笑うルーの存在が、タイトルレースのカギを握りそうだ。(宮崎県宮崎市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!