ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目

吉田弓美子 1イーグル、4バーディ「66」 通算8アンダー首位タイ

「(イーグルの16番はあわやアルバトロス)らしいですね。ピンまで211ydを5番ウッドで打ちました。良いキックで寄ってくれたみたいなので良かったです。距離は2mで、下りのフックラインでした。このコースは(2012年に)優勝してから悪いイメージが一切ないんです。ショットの調子もずっと良いし、あと優勝だけ、というところまで来ているので、勝ちたい気持ちはありますね」

佐伯三貴 6バーディ「66」 通算8アンダー首位タイ

「(パットが好調)前半9パット、後半は13パットなので良かったです。4番が一番嬉しかったですね。10mくらいのパーパットが入りました。(公傷制度を適用して4月から復帰)1つ1つ、ゆっくりだけど階段を上がれていると思います。優勝はあとからついてくると思うので、私は目先の優勝よりも今後を見据えて、小さなゴルフにならないようにしていきたいですね」

横峯さくら 6バーディ、2ボギー「68」 通算5アンダー15位

「きのうはショートパットがぜんぜん入らなかったけど、イメージを変えて。“打たなきゃ”って打つ前からプレッシャーを感じていたし、打てなかったら“あ~”という感じ。結果的にジャストタッチのイメージでやってみるとちゃんとオーバーするし、イメージを出しやすかったです。森口さん(森口祐子プロ)のアドバイスも大きかったと思います。(最終日は)3打差だったら(優勝も)なくはないと思うので、頑張りたいです。勝ちたい気持ちはすごくあるし、弾みをつけてアメリカに行きたいです」

原江里菜 4バーディ「68」 通算2アンダー34位

「(3日前に虫垂炎)きのうよりも痛みはなかったけど、きょうは背中の張りが少しありました。それでもきのうよりはマシでしたね。(今朝も点滴?)はい、5時30分に点滴を打ちに行きました。(ホステスプロとして予選通過)本当に良かったです。やるなら通りたかったし、病気だからしょうがないと言われるのは悔しかったので。あしたは体調も良くなると思うので頑張りたいと思います」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。