ニュース

国内女子ワールドレディス選手権 サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

単独首位のフェービー・ヤオ「飛距離に混乱しないようにしたい」

ツアー1勝のフェービー・ヤオ(台湾)が、国内女子メジャー「ワールドレディスサロンパス杯」を通算7アンダーの単独首位で折り返した。2日間36ホールにわたるノーボギーは120人のフィールド中、ただ1人だ。

1週間のオフを挟んだ前週、多忙な専属コーチの代わりに助言を仰いだ「ジュニアも教える仲の良い友達」に、スイング中に体が左右にぶれていることを指摘された。そのポイントに気をつけた今週は「ショットがいいし、大きなトラブルになっていない」と、この日も3バーディ、ノーボギーで18ホールを回ってきた。

3日目は、今大会で平均飛距離3位の渡邉彩香(266.0yd)と、同5位のイ・ボミ(259.8yd)と最終組をともにする。平均飛距離237.5ydで49位につけるヤオは「飛距離で混乱しないように。自分の目標をしっかりと定めたい」と、自分を見失わないように気を引き締めた。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ワールドレディス選手権 サロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。