ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

逆転のナリタ 「鬼の居ぬ間に」連覇なるか

兵庫県の花屋敷GCよかわコースで8日(金)、国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」が開幕する。連覇をかけて戦うのは前年、2位から出た最終日に「64」をマークして逆転した成田美寿々。7日に行われたプロアマラウンドは強い風雨の影響で9ホールに短縮されたが、「最後の方は楽しかった」と晴れやかな笑顔でクラブハウスに引き上げてきた。

昨季2勝の実力者も、今季4試合を終えて予選落ちが2回、賞金ランク59位と出遅れている。このオフに取り組んだスイング改造が「時間がかかっていて、まだ完璧に終わっていない」状態だという。ショートゲームの練習にも多くの時間を費やせず、「自信を持ってスタートできるものが1つもなかった」と、開幕前の不安が的中した形だ。

とはいえ、「苦手だった」という今週のアップダウンが多い難コースについては「去年、勝てたことで印象は違うものになった」。前年大会は、最終ラウンドでスタートの1番からチャージをかける6連続バーディから優勝を呼び込み、“逆転のナリタ”(通算7勝のうち5勝が逆転)を改めて印象付けた舞台でもある。

今週は、賞金ランク1位のテレサ・ルー(台湾)、同2位のキム・ハヌル(韓国)のほか、同4位のイ・ボミ(韓国)らランク上位たちが不在。「鬼の居ぬ間に・・・と思っているのは、もちろんあります」。自国の世界ランク上位2人が出場見込みの8月「リオデジャネイロ五輪」代表争いにおいても、現時点で日本勢8番手に甘んじている。ディフェンディング大会を、沈みがちな状況を好転させるきっかけとしたい。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!