ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

体重絞った鈴木愛が雪辱へ2位発進 あの人の金言も支え

高知県の土佐CCで11日、国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」が開幕。昨年大会はプレーオフで李知姫(韓国)に敗れた鈴木愛が4バーディ、1ボギー「68」にまとめ、3アンダーの2位タイと上々のスタートを切った。

ショットへの手ごたえを感じてのシーズンインだった。2週間前に、沖縄県の喜瀬CCで2日間行われたオリンピックゴルフ競技対策本部の強化合宿に参加。倉本昌弘強化委員長から、フェードだった球筋を元々の持ち球だったドローに戻すようアドバイスを受けた。その結果、ショットの不安が解消したといい、ツアー通算30勝の永久シードプレーヤーからの金言に感謝しきりだった。

前週の今季開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」は予選落ちに終わったが、「ショットもパットも悪くなかったし、今週もイメージ良く入れていた」と好感触を手に高知入り。今もドローボール中心のショットを続けており「安定するようになったし、飛ぶようにもなった。アイアンが飛び過ぎることもあるけど全体的に良い感じです」と、開幕直前に戻した球筋への迷いはない。

オフには筋力量を増やしながら体脂肪を落とす肉体改造に励み、体重は昨年から3キロ減。「動きやすくなったし、体力も維持できている。トレーニングの効果は出ていると思います」と、フィジカル面の成長も実感。「今年はリベンジできたらいいですね」。悔しさが募った昨年の雪辱に向け、不安はない。(高知県香南市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。