ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

キム・ハヌルが首位 ホステス原江里菜は21位発進

2016/03/11 16:28

◇国内女子◇ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 初日◇土佐CC(高知)◇6217yd(パー72)

国内女子ツアー第2戦が舞台を高知県に移して開幕。ツアー本格参戦2年目のキム・ハヌル(韓国)が8バーディ、1ボギーの「65」でプレーして7アンダーとし、後続に4打差をつけて首位発進した。

この日は風速8mほどの冷たい北風が吹き抜けたが、好調なアイアンをバーディ量産につなげてロケットスタート。風は苦手だったというが「オフにショットをたくさん練習して、風に負けないボールが打てるようになった」と満足げだ。オフには中国・広州に渡り、昨年6月から師事するコーチの紹介で米国PGAツアー通算8勝を誇るチェ・キョンジュ(韓国)の合宿に参加。課題とするバンカーショットの直接指導を受けるなどしたという。

3アンダーの2位に昨季賞金女王のイ・ボミ(韓国)、昨年大会でプレーオフに敗れ2位となった鈴木愛の2人が続いた。2アンダーの4位に福田真未永峰咲希穴井詩柏原明日架上田桃子三ヶ島かなの6人が並んだ。

ホステスプロの原江里菜は4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」とし、イーブンパーの21位。森田理香子は1バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「75」でプレーして、辻梨恵と並び3オーバーの54位でホールアウトした。

アマチュアの勝みなみも54位で初日を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。