ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフで惜敗の鈴木愛「悔しい気持ちが強い」

2015/03/15 16:49


「ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ」では4年連続となった最終日のプレーオフ。2日目を終えて「優勝の可能性も十分ある」と語っていた20歳の鈴木愛は、3ホール目で韓国のベテラン李知姫の前に屈し、半年前にメジャー制覇で飾った初優勝に続くツアー2勝目を惜しくも逃した。

最終日のラウンドは、7バーディを量産。ティショットを右に曲げてOBとした7番も“OBバーディ”のボギーにとどめ、16番までに10アンダーまで伸ばしてトップに立った。しかし、17番で10m強のファーストパットを2mオーバーさせ、返しが入らずにボギー。プレーオフに備えてドライビングレンジで練習しながら、残る2組の結果を待った。

<< 下に続く >>

最終18番で20m近いバーディパットを沈めた最終組の李に並ばれたが「初めての感覚だったので、待っている間は緊張した」と振り返った。

経験したことのないプレーオフ。1、2ホール目はピンチを迎えながらパーでしのいだが、3ホール目でバーディパットを外した鈴木に対し、李が8mを沈めて勝負を決した。

前週は予選落ちを喫し「優勝というよりは自分のゴルフをやろう」と迎えた開幕2戦目。初日「70」、2日目「69」と調子を上げ、「今年は(地元の)四国で1試合しかないので、2日目を終わった時点で優勝したいと思った」と、攻めの姿勢で最終日に臨んだ。

「とにかく誰にも負けたくない。今は悔しい気持ちが強い」と声を震わせた鈴木。今年の目標という年間3勝に向けて、惜敗を糧としたい。(高知県香南市/片川望)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!