ニュース

国内女子CAT Ladiesの最新ゴルフニュースをお届け

申ジエが連続ノーボギーの日本記録樹立 西山ゆかりは歴代9位

神奈川県の大箱根CCで開催中の国内女子ツアー「CAT Ladies」初日。申ジエ(韓国)が連続ノーボギー記録の日本記録を樹立した。2週前の「meijiカップ」第2ラウンドから、前週「NEC軽井沢72」を経て、この日の4番ホールまで81ホール連続でボギーなし。アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が2004年に樹立した80ホールを更新した。

アウトから出た申は、出だしの1番(パー5)からパーで滑り出し。打ち下ろしながら430ydあるパー4、難所の2番ではフェアウェイから左足下がりの2打目をUTで、しっかりグリーンとらえて2パットパーを拾った。

ソレンスタムの記録に並んだ3番(パー3)に続き、新記録達成の4番もバーディチャンスを惜しくも逃す、苦笑いのパー。「(ソレンスタムは)ものすごく偉大で、尊敬してきた選手。一緒に名前が並ぶだけでも光栄」。同伴選手と静かにハイタッチをして快挙を喜んだ。

続く5番(パー3)、奥のカラーからの2打目をパターでオーバーさせ、1m強のパーパットをカップ右に外して大記録が途切れるボギーを叩いたが、話題をそこで終わらせないのが海外メジャーチャンピオン。「先週、記録のことを聞いて少しプレッシャーがありました。ボギーがひとつ出て気持ちがラクになった」

呪縛を解いて迎えた続く6番で、フェアウェイから残り150ydの2打目はピン筋に飛び、カップ手前3mに落ちてからそのままカップインするイーグルを奪取。さらに7番から2連続バーディを決め、結局「70」(パー73)で回り、3アンダーの18位タイと上々の滑り出しとなった。

また、前週終了時点で55ホール連続ノーボギーだった西山ゆかりは、後半16番でこの日唯一のボギーを叩き、記録は70ホールでストップ。「悔しいです。16番は3パットでした。頑張って記録を更新したいと思ってプレーしていた」と肩を落としたが、歴代9位タイの記録を残した。(静岡県箱根町/桂川洋一)

関連リンク

2015年 CAT Ladies




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~